書き言葉を残さなかったオガム文字とは


HOME > ケルトやアイルランドのコラム > 書き言葉を残さなかったオガム文字とは

書き言葉を残さなかったオガム文字とは


ケルト人たちは、古代のケルト圏で文字を持たない民族で、しかもケルトの歴史を書き記すこともなかったという。
そこで、生み出されたのが線刻文字であるオガム文字。

オガム文字が使われたのは、4世紀頃かそれ以前ではないかと考えられ、主には5-6世紀に盛んに用いられた。

オガム文字の特徴はというと、横と縦の線を上下や斜めに刻んで、その線の数でラテン・アルファベットの音を表現して違いをあらわした。
オガム文字は、子音15文字と母音5文字から成りたつ。
なぜ、ラテン文字のアルファベットが使われたかというと、ちょうど4世紀ごろのアイルランドでは、キリスト教が入ったことでキリスト教社会ができあがり、その影響が強いのではないかといわれている。

また、オガム文字は文字そのものに力、パワーがあり神聖なものとされていたため、樫の木の賢者であるドルイドたちによって祭祀に用いられていた。

ちなみにアイルランド語では、オガムではなく、オアムもしくはオームと発音する。

▼Unicode(ユニコード)でのオガム文字です。